肝斑のレーザー治療や薬はクリニックに行かなくてはいけないので、時間もお金もかなりかかってしまうので、出来れば家や外出先でも手軽に飲める肝斑に効くサプリがあれば嬉しいですよね!


ですが、肝斑について色々調べてみると、サプリを飲んでも肝斑が治らないという口コミが次々と集まってきています…やっぱりサプリで肝斑を治すことはできないのでしょうか?


そして、肝斑を治療するなら、絶対にクリニックに行かなくてはいけないのでしょうか?

肝斑のサプリには効果がない!?その原因はなんで?

厳密に言えば、肝斑に効くサプリを飲んでも全く肝斑に効果がないわけではありません。しかし、肝斑のサプリだけで肝斑を治そうとするには、かなりの時間がかかってしまいます。

理由としてはサプリと分類されている以上、医薬品と違って配合できる成分量が限られており、肝斑を着実に治すための成分としては効果が低いのです。

そのため、長年肝斑のサプリを飲み続けていれば、少しずつ肝斑を薄くさせていくことはできるかもしれませんが、かなりの期間飲み続けないのといけません。

何かを飲んで肝斑を治すのであれば、サプリではなく、クリニックで処方してもらえる肝斑の薬を飲まれることをおすすめします。

プラセンタを飲んでも肝斑には意味がない?

肝斑を治すサプリとしてプラセンタが配合されているものが多く販売されていますね。

プラセンタには肌のターンオーバーを正常に戻し、肌の代謝を活性化させる効果があります。
また、肝斑の原因であるホルモンバランスの乱れを整える作用があることで、プラセンタサプリを飲めば肝斑に効果があると言われています。

しかし、こちらも先ほど説明したとおり、サプリに配合できる成分量は決まっているので、根深いメラニン原因を抑えるほどの成分量を配合することはできないので、こちらも全く効果がないわけではありませんが、完治するのにかなりの時間がかかってしまいます。

それではやっぱり肝斑を治すには、絶対にクリニックへ行かないといけないのでしょうか?

化粧品で治せる!?美白成分ハイドロキノンとは

今までなら、肝斑を治療にはクリニックに通うことが必須でしたが、肝斑にも効く化粧品を使うことでも肝斑を治すことができます。

今まで肝斑に効くハイドロキノンはとても強い薬剤だったこともあり、化粧品に配合することはできませんでした。

しかし、現在は化粧品も配合できるようにハイドロキノンが改良されたことで、化粧品でも肝斑を薄くすることができるようになったのです。

トラネキサム酸の服用は絶対?

肝斑を治すためにクリニックに行くと処方されるトラネキサム酸ですが、サプリは効果があまり期待できなにしろ、トラネキサム酸を飲まずに化粧品で治すことはできないのでしょうか?

ハイドロキノン配合の化粧品であれば、肝斑をかなり薄くすることはできますが、肝斑の主な原因は女性ホルモンバランスの乱れが影響しているので、化粧品だけでは肝斑の根本的な治療をすることはできません。

1番早く肝斑を治すためには、ハイドロキノン配合の化粧品を使いながら、トラネキサム酸を服用することが肝斑を完治させる最も早い方法です。
どちらにせよ肝斑の治療には即効性はないので、サプリだけで肝斑を治そうとするとかなりの時間がかかってしまいます。

サプリなら手軽に購入することができるので、あまり効果がないと聞き、少し残念ではありますが、肝斑は化粧をしてもどうしても分かってしまうので、女性としては一刻も早く肝斑を消したいですよね?

出来る限り早く肝斑を完治させるためにもサプリではなく、ハイドロキノン配合の化粧品とトラネキサム酸を使って効率よく肝斑を治しましょう!