シミの一種である肝斑って実は30代以降の女性が肝斑になりやすいってご存知でしたか?
30代以降になると、女性ホルモンバランスの乱れやすくなり、今までシミだったと思っていたのにどんどんシミが広がっていって、これってもしかして肝斑!?と気づいて焦っている人も多いのではないでしょうか。


皮膚科で肝斑を治療するのであれば、多くの病院では内服薬と塗り薬を処方されます。
しかし、敏感肌などの肌トラブルを起こしやすい肌であれば、肝斑に効く塗り薬がどんなものなのか気になりますよね…
皮膚科で処方される肝斑治療に処方される塗り薬についてまとめてみました!

肝斑治療の塗り薬の主な成分とは

肝斑を根本的に治療するには内服薬と塗り薬の併用がマストです。
今回は肝斑に効く塗り薬についてスポットを当ててみました!
皮膚科で処方される肝斑に効く塗り薬に含まれている2種類の美白成分についてご説明します。

ハイドロキノン

通常使用される美白剤の100倍以上の美白効果をもたらすことができ、美白成分の中でも群を抜いてハイドロキノンは効果を実感しやすいです。

シミの原因になるメラニンの生成を抑制し、予防効果も高いハイドロキノンはアメリカでは一般的な美白有効成分の一つです。効果が非常に高い分、間違った使い方をしないように医師の指示通り正しく使いましょう。

トレチノイン

メラニンを排出させる働きがあるビタミンAの400~500倍の働きをするトレチノイン。
シミの根源であるメラニンを排出するだけでなく、美肌成分のコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、肝斑だけでなく、美肌効果も高いと注目されている成分です。

これだけ肝斑に効く効果的な成分が配合されている塗り薬なら、効率的に肝斑を完治させることができそうですね!

しかし、皮膚科で処方される塗り薬は医薬品なので、副作用が気になりますよね…
肝斑に効く塗り薬に副作用の危険性はないのでしょうか?

肝斑に効く塗り薬は副作用がでる可能性も…

皮膚科で処方される塗り薬に含まれている成分濃度は非常に高いので、副作用を起こす恐れもあります。特に美白効果が強いハイドロキノンは副作用が比較的に出やすいので、副作用の症状をまとめました。

炎症

ハイドロキノンの美白効果が強すぎて、肌が負けてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があります。もし炎症が出てしまった場合はすぐに使用を控え、一度医師に相談しましょう。

白班

美白作用が働きすぎて、肝斑を薄くするどころか逆に白くなってしまう症状を白班と言います。ハイドロキノンは美白効果が非常に強いので、ずっと使い続けると白班になる可能性があります。


このように皮膚科で処方される肝斑に効く塗り薬は、確かに効果は高いですが、その反面副作用が出る可能性もあります。

肝斑を治そうと思って、皮膚科に通っているのに副作用が出てさらに症状が悪化してしまうのは避けたいですよね。

肝斑に効く塗り薬を使うほかに効果的な治療法はないのでしょうか?

肝斑はスキンケアで治せる!?

これまでの説明だと美白有効成分のハイドロキノンは美白効果が高くても肌に負担をかけて副作用を起こす危険性があるものだと感じてしまいますよね。

しかし、ハイドロキノンの濃度が5%以下であれば白班になるなどの症状が起こったことはありません。

皮膚科で処方される塗り薬だと、ハイドロキノンの濃度が5%以上なので、副作用が起こる心配がありますが、ハイドロキノン配合の化粧品であれば、濃度は5%以下なので安心してお家で肝斑を治すことができます。

肝斑に効く塗り薬を使う治療法もありますが、安全に肌を守ることができるハイドロキノン配合の化粧品から始めてみてはいかがでしょうか?