肝斑 原因

「これってもしかして肝斑!?」肝斑に気づいたらすぐに治療を始めないと徐々に肝斑の範囲は広がっていってします。そもそもなぜ肝斑ができてしまうのでしょうか?原因を調べてみました。
MENU

現代人女性に急増中!30代〜40代女性に起こりやすい肝斑の原因とは

男性にも少数で肝斑ができてしまうこともありますが、肝斑になる大半は女性に起こりやすい肌トラブルです。

 

30代から40代の女性にできやすい肝斑ですが、昔に比べて現代人の女性のほうが肝斑になる確率が高くなっているってご存知でしょうか?

 

肝斑はシミの種類の一つであり、左右対称に両頬に扇状に広がり、鼻の下や目の周辺などに発症することもあります。

 

化粧をしても肝斑はどうしても隠すことができないので、30代以降の女性は特に肝斑の原因を知り、予防していくことが大事です。

 

今すぐにでも肝斑予防を始めるためにも、肝斑の原因についてまずは詳しく知っていきましょう!

 

 

<肝斑の原因はホルモンバランス?>

 

女性に肝斑ができる主な原因は、女性ホルモンは関係しています。

 

特に黄体ホルモンと卵胞ホルモン大きく関係していると言われており、妊娠中や更年期などの肝斑が起こりやすいのです。

 

しかし、この妊娠中や更年期にできた肝斑は出産したり、更年期がある程度落ち着いてくると自然に治ってくることが大半なのですが、肝斑ができるのは妊娠中や更年期だけではありません。

 

30代〜40代の女性に起こりやすい理由の一つでもありますが、ストレスが蓄積することでも肝斑が発生してしまいます。

 

この年代の女性は子育てや仕事などの影響で、生活環境や人間関係がどんどん変わっていくので、いつの間にかストレスが溜まってしまっていることも。

 

ストレスが影響して、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことでが肝斑の原因になってしまうのですね。

 

 

<シミだけじゃない!紫外線も肝斑をつくる原因に>

 

だからと言って、もちろん肝斑はシミの一種なので、紫外線を浴びることでも肝斑をつくる原因になります。

 

特に女性ホルモンバランスが乱れている時期に紫外線を多く受けてしまうと、さらに肝斑の症状は悪化する恐れがあるので気をつけましょう。

 

 

<どうすれば肝斑を予防できるの?>

 

妊娠時や更年期にできる肝斑は、ある程度時間が過ぎれば自然に肝斑も薄くなっていきます。

 

しかし、それ以外の原因でできてしまった肝斑は放っておいても治ることはなく、何もしないでいるとさらに肝斑は広がり、濃くなる可能性があります。

 

一刻も早く肝斑を治療するためには、クリニックで処方される内服薬と外用薬を併用したり、美白有効成分のハイドロキノン配合の化粧品を使用する方法もあります。

 

ですが、肝斑が完治しても、肝斑の原因や予防法が分かっていなければ、また再発する可能性は十分あるので、肝斑ができていてもいなくても、肝斑予防をしておくことは大事です。

 

 

<肝斑を予防する3つの方法>

 

@ 意識的にストレスを解消させる

 

ストレスは目に見えないものなので、本人の自覚症状がなくても、いつの間にかストレスが蓄積してしまっていることも。

 

リフレッシュする時間を設けて、自分の趣味に没頭する、友達や家族と楽しくおしゃべり、旅行などのストレスを定期的に解消させて、女性ホルモンを安定させましょう。

 

A 洗顔は優しく丁寧に

 

シミや肝斑になりたくないからと、力を入れて汚れを落とそうとしても、肌のバリア機能が低下してしまい、さらに紫外線の影響を受けやすくなります。

 

洗顔をする時はたっぷり泡立ててから、手でゴシゴシ洗うのではなく、泡を密着させるように優しく洗い流すことで、毛穴に詰まった汚れを落としながら肌を守ることができます。

 

 

B 紫外線対策を意識して

 

外出中は日傘や帽子などでできるだけ紫外線に当たらないように注意し、屋内であっても紫外線量はゼロではないので、屋内でずっと過ごすにしても低刺激の日焼け止めは必ず塗っておきましょう。

 

 

肝斑の原因と予防法が分かっていれば、肝斑対策もばっちりですね!

 

原因を知り予防をしっかり行って、肝斑から肌を守りましょう!

 

>>資生堂HAKUのトライアルセットはどこで買えるの?【限定販売】

このページの先頭へ