資生堂 HAKU ハイドロキノン

資生堂ブランドの中でも大ヒットしている美白化粧品のHAKU。しかし、成分を見ると美白効果が強いハイドロキノンが入っていません…それでもなぜシミやくすみを消すことができるのでしょうか?
MENU

徹底解説!資生堂の人気美白化粧品のHAKUにはハイドロキノンが入っていない?

日本の化粧品メーカーで知らない人はいないほど有名な資生堂。

 

そんな資生堂は売り出した美白化粧品のHAKUシリーズは発売すると同時に大ヒットになり、リピート率も高く、愛用者も多いことで注目されていますよね。

 

シミやくすみだけでなく、昔であれば皮膚科に行って治療しなければいけなかった肝班にも効くとのことで、肌悩みの増えた30代以降の女性に人気のHAKUですが、成分をよく調べてみると意外な事実が判明しました。

 

最近売り出されている肝班に効く化粧品にはハイドロキノンが配合されているのですが、資生堂のHAKUにはハイドロキノンが配合されていませんでした…

 

ハイドロキノンが入っていないのに、なぜ資生堂のHAKUでシミやくすみ、肝班に効果があるのでしょうか?

 

その理由調査をしました!

 

 

<ハイドロキノンの代わりに配合されているものとは?>

 

美白化粧品として有名な資生堂のHAKUにハイドロキノンが入っていないのなら、なぜ美白効果をもたらすことができるのでしょうか?

 

資生堂のHAKUには確かにハイドロキノンは入っていませんが、美白効果が強い成分はハイドロキノンだけではありません。

 

HAKUには皮膚科で処方されるトラネキサム酸が配合しています。

 

このトラネキサム酸とは皮膚科で処方される場合は内服薬として処方されることが多いのですが、トラネキサム酸は飲むだけでなく、塗っても効果がある美白有効成分です。

 

しかし、トラネキサム酸をそのまま塗ると、刺激が強すぎて、肌に炎症を起こし、白班を起こすなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

その点、HAKUに含まれているトラネキサム酸は、資生堂が自社開発したアミノ酸の一種で、トラネキサム酸の誘導体のm-トラネキサム酸が含まれています。

 

m-トラネキサム酸は美白効果が厚生労働省から認可されている成分で、肌に負担をかけることなく、安全にシミやくすみ、肝班を消す効果があります。

 

そのため、HAKUには確かにハイドロキノンは配合されていませんが、ハイドロキノンと同等、ハイドロキノン以上の美白効果を実感することができます。

 

あの有名な資生堂から販売されており、厚生労働省も認めている美白有効成分なら、安心してHAKUで毎日スキンケアすることができますね!

 

 

<まだHAKUを試していない?HAKUトライアルセットで憧れの美白へ!>

 

ハイドロキノンが入っていなくても、厚生労働省から認めている美白有効成分のm-トラネキサム酸配合の資生堂の美白化粧品「HAKU」なら、気になるシミやくすみ、肝班への効果も期待できそうですよね!

 

そんな美白有効成分たっぷりの資生堂のHAKUを試してみたいなら、2月21日から発売されたWEB限定販売のHAKUトライアルセットにチャレンジしてみませんか?

 

HAKUの美白化粧水(HAKUアクティブメラノリリーサー)、美白美容液(HAKUメラノフォーカス3D)、美白乳液(HAKUインナーメラノディフェンサー)が1週間分試すことができるお得なトライアルセットです!

 

美白化粧品って刺激が強いものも多いので、1週間じっくり肌と向き合って確かめることができるのなら、敏感肌や乾燥肌の人も安心ですよね。

 

こんなにお得なHAKUトライアルセットは、1人1回限りで1,080円(税込)+送料無料で販売されています!

 

さらに、今ならうるおい届ける天然コットン(28枚)とHAKUも購入できるオンラインショップ「ワタシプラス」で使える500円分のクーポンをプレゼント!

 

1,080円(税込)なのに、こんなにも盛りだくさんなセット内容なら、今すぐにでもゲットしたいですよね!

 

こちらのHAKUトライアルセットは数量限定発売なので、いつ終了してしまうか分かりません。

 

興味がある方はなるべく早く申し込みましょう!

 

HAKUトライアルセットの詳細は公式サイトをチェックしてくださいね。

 

>>【期間限定】資生堂HAKUお試しセット特設ページはこちら

このページの先頭へ